MOLLE(モール)システムとPALS(パルス)システムとは?

軍の個人装備MOLLE(モール)システムとPALS(パルス)システムとは?

プレートキャリアなどでよく見かけるアクセサリーを付けるための上の写真のような縫付け。こちらの名前をご存じですか?それなりの経験積んだサバゲーマーの方やミリタリー装備好きの方ならご存じの「MOLLEシステム」(MOLLEパック)になります。使っているけど意外と名前を知らないと人も多いと思います。これらを備えたバックパックや鞄は一般に広まっており、ファッションアクセサリーとしても広がりつつあります。なんとなく使っていたMOLLEシステムに説明したいと思います。

モジュラー式の個人装備MOLLE

軍の個人装備MOLLE(モール)システムとPALS(パルス)システムとは?

MOLLE(モール)とは英語の”Modular Lightweight Load-carrying Equipment”の略語で、意味は「モジュール(組立)式軽量積載装備」になります。

それまで使われていた同じく個人装備システムのALICEシステムに代わる耐久性と快適な運搬機能を備えたシステムとして1997年に米軍に採用されます。モールは重い荷物を運ぶ際のエネルギーコストを削減し、姿勢偏差を少なくすることが証明されており、最適な荷重中心により、歩行姿勢を安定させ長時間行軍することの多い兵士の負荷を軽減します。今では米軍初めNATO軍、自衛隊と世界各国の軍や法執行機関に採用されており、世界のスタンダードになっています。

Military Tactical Assault PackバックパックArmy MOLLE防水バグアウトバッグバックパック

構造の中心となるPALSシステム

このモールを装着したプレートキャリアやバックパック、ベルトを装着する事でマガジン、グレネード、メディカルキットなどを入れた各種ポーチやホルスターを縫付けすることなく、好きな場所に自由に外付け、組立することができます。これにより、各任務に応じて装備の調整が容易になります。

これを実現しているのがMOLLEシステムの中心となる表面に配置されたPALSシステムになります。PALSとは”Pouch Attachment Ladder System(ポーチ・アタッチメント・ラダー・システム)”の略語になり、意味は「梯子型ポーチ装着システム」になります。

PALSは上下25㎜間隔で横軸に縫付けられ、4㎝間隔で縦にステッチが入っています。スッテチが入っていない部分は隙間が空いており、そこにモールに対応したポーチのベルトやストラップを縦に通して留めることでポーチを装着・固定します。狭い間隔でPALSは縫付けされているため、激しい動きをしても装着されたポーチがずれることはありません。その分、ベルトを通すPALSの隙間の遊びは少なく、装着する際は結構面倒です。

EMERSON製 JPCスタイル プレートキャリア タクティカルベスト マルチカモ MC迷彩 EM7344A

MOLLEシステムを取り入れた商品

もともと軍用に開発されたMOLLEシステムですが、そのカスタマイズ性から様々な製品に取り入れられています。カジュアルなバックやエプロンやベビー用品まで。あなたもMOLLEシステムでいろいろカスタマイズしてみましょう。

軍の個人装備MOLLE(モール)システムとPALS(パルス)システムとは?
最新情報をチェックしよう!