日本のエアガンメーカー8社

日本のエアガンメーカー8社

サバゲーはもともと日本が始まりで、長らくエアガン業界は日本メーカーが牽引してきました。しかし、最近では台湾系やアメリカの実銃メーカー系のエアガン人気で利用者も増えて徐々にシェアを増やしています。それでも日本メーカーならではの高い品質は信頼され、国内ではトップシェアを誇っており、日本メーカーは強いです。そして、国内というサポート体制により、故障時もメーカー修理が受けられるので安心して使用できます。国内エアガンメーカー8社を紹介します。

東京マルイ

東京に本社を構え日本が世界に誇るエアガンメーカーになり、今の電動ガンの基礎を築いた会社になります。メイドインジャパンの高品質高性能の銃は国内外で評価され、毎年行われるエアソフトアワードでは数あるメーカーを抑えNo.1のメーカーに君臨しています。その品質から89式自動小銃のエアガンモデルを自衛隊が訓練銃として採用しています。初心者でも安心して使用できます。電動ガン、ガスガン、エアコッキングにハンドガン、ショットガン、アサルトライフル、10歳以下向けと品揃えは幅広く、最近は撃った時のリコイルショックを味わえる次世代電動ガンに力を入れています。気に入るエアガンが必ず見つかるでしょう。

東京マルイ 公式サイト

Amazonで東京マルイのエアガンを探す楽天で東京マルイのエアガンを探す

KSC

山梨県にあるエアガンメーカーです。もともとはタイプライターを製造するメーカーでした。現在はエアガン以外にもモデルガン、そして精密射撃競技専用銃も製造しており、エアガンの精度も申し分ないです。電動ガンではリコイルのERGや発射速度を調整できるTEGシリーズを出しています。またマニアックな銃や限定品も出しており、MAGPUL社のMASADAやFMG9のエアガンは中々お目にかかることはないでしょう。しかし、これらは限定生産のため手入れることは難しいですが、手に入れればサバゲーで目立つこと間違いなしでしょう。

KSC 公式サイト

AmazonでKSCエアガンを探す楽天でKSCエアガンを探す

タナカワークス

東京都にあるエアガンメーカー。ハンドガンとスナイパーライフルに特化しており、モデルガンも扱っています。電動ガンは出しておらず、ガスガンとエアコッキングのみになります。ガスガンに関してはブローバックガスシステムを最初に開発し、実銃のようなギミックを再現しました。今でも同社が開発したペガサスシステムを搭載した銃が主流になります。ハンドガンは警官が使うS&W M360など特にリボルバーの品揃えが多く、他も自衛隊モデルのSIGや狙撃銃のM24などが有名です。旧日本軍の三八式銃などのクラシックモデルも製造しています。

タナカワークス 公式サイト 

Amazonでタナカワークスのエアガンを探す楽天でタナカワークスのエアガンを探す

ウエスタンアームズ

東京都渋谷にあるエアガンメーカー。直販(通販)のみで唯一の店舗は渋谷の宮益坂にあります。ライフルも一部扱っていますが、ガスブローバックのハンドガン専門になり、ハンドガンの種類に関しては一番かもしれません。銃はどれも高いリアリティと動作性能、命中精度を実現しています。その分、他のメーカーと比較するとお値段は張ります。アニメや映画で使用されたモデルも多数制作しており、ファンには堪らない銃が多いのも特徴です。しかし、その分、そのほとんどが限定品となり、機会を逃すと手に入れるのは難しくなるので購入はお早めに。

ウエスタンアームズ 公式サイト

Amazonでウエスタンアームズのエアガンを探す楽天でウエスタンアームズのエアガンを探す

マルゼン

東京都にあるエアガンメーカー。電動ガンは扱っておらず、ガスガンとエアコッキングガンのみになります。ここの特徴は何といってもドイツの実銃メーカー「ワルサー」の正式ライセンスで作られたガスガンです。図面の提供をうけ、リアルに再現されたエアガンにはワルサーの刻印もされています。最近は精密射撃専用のエアコッキングのAPSシリーズに力いれており、高い精度を誇る同シリーズのスナイパーライフルモデルはサバゲーでも人気です。

マルゼン 公式サイト

Amazonでマルゼンのエアガンを探す楽天でマルゼンのエアガンを探す

マルシン工業

埼玉県にあるエアガンメーカー。ガスガンとモデルガンを扱っています。ここの特徴は国内メーカーでは珍しいCO2ガスガンを製造している点です。通常のガスガンは寒い冬では使用が難しいですが、CO2ガスガンであれば冬でも使用可能です。製造するエアガンはクラシックモデルが多く、モーゼルやウィンチェスター、M1ガーランドなどを製造しています。

マルシン工業 公式サイト

Amazonでマルシンのエアガンを探す楽天でマルシンのエアガンを探す

K.T.W

岩手県のエアガンメーカー。ここの特徴は主にクラシック、年代物の銃をモデルにしたエアガンしか作らない事です。現代の銃ではほとんど作りません。第二次大戦時の旧日本軍の三八式歩兵銃や九九式軽機関銃、ソ連のモシン・ナガン、イギリスのエンフィールド、更には火縄銃モデルの「タネガシマ」までと多種多様です。クオリティ、再現度も高く職人の仕事です。その分、値段も張り、大量生産はできません。

K.T.W 公式サイト

AmazonでKTWのエアガンを探す楽天でKTWのエアガンを探す

クラウンモデル

埼玉県のエアガンメーカー。電動、ガス、エアコッキングとさまざまなエアガンを出す、こちらの特徴は価格が安いことです。多くの製品が定価で一万円を切るので学生さんでも手に入りやすい価格帯です。その分、外装などは他社と比べ目劣りしますが、エアガンとしての性能はお値段以上で、サバゲーでも十分戦えます。10歳以上など子供向けのモデルも出しています。

クラウンモデル 公式サイト

Amazonでクラウンモデルのエアガンを探す楽天でクラウンモデルのエアガンを探す

日本のエアガンメーカー8社
最新情報をチェックしよう!